先生

辛い更年期障害や病気を乗り越えろ|ストップ大病

症状が緩和された

ホルモン補充療法

先生

更年期障害の知慮腕広く用いられている治療方法の一つに、ホルモン補充療法という手法があります。 女性ホルモンに限ったことではなく、男性ホルモンも年齢とともに分泌量が少なくなっていてしまうもので、それにともなって生じるのが更年期障害です。 ホルモン補充療法では、特に女性の更年期障害の治療に広く用いられています。加齢にともなってエストロゲンが減少することになるので、ホルモン補充療法によってそのホルモンを補充します。そうすることによってホルモンが司っている症状の悪化を和らげることにつながります。ホルモン補充療法によって動悸や血管運動、そして精神的な抑うつなどの症状を改善することがわかっており、治療が行われています。

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、更年期障害の治療法として最もポピュラーなものです。ホルモン補充療法を受けるには、産婦人科あるいは婦人科で、診察を受けることが必要です。 更年期障害は、閉経後の女性にとっては、避けたくても避けて通ることができない病気です。加齢に伴う卵巣機能の低下が原因であるため、程度の差こそあれ、女性なら一度は経験しなくてはなりません。 ホルモン補充療法は、結合型エストロゲンと酢酸メドロキシプロゲステロンとを、併用しながら治療を進めていきます。その結果、ほてりや鬱病、そして骨粗鬆症などの症状を大きく改善させてくれます。また、最新の研究成果によると、ホルモン補充療法によって大腸がんや子宮体がんのリスクが減少することも明らかになっています。